How This Mark Cuban-Endorsed Crypto Token Crashed From $50 To $0 Within 24 Hours ⋆ ZyCrypto

Advertisement &nbsp &nbsp Billionaire Mark Cuban has been making rounds in the cryptocurrency community…

暗号資産やブロックチェーンが作る「DAO」とは?(ビットフライヤーブロックチェーン 加納裕三氏 5/5) | あたらしい経済

暗号資産やブロックチェーンが作る「DAO」とは? 雑誌「GOETHE」が暗号資産やブロックチェーン業界のキーパーソンを取材していく連載「暗号資産は世界をどう変えるか?」と「CONNECTV」とのコラボ企画。ビットフライヤーブロックチェーン代表取締役の加納裕三氏のインタビュー動画を公開(第5回/全5回)。 今回は暗号資産やブロックチェーンがこれから10年後、20年後、どんな世界を作るのか、そこで重要になるDAO(自律分散型組織)について語っていただきました。(聞き手:あたらしい経済:設楽悠介) 動画を見る →これまでの動画はこちら インタビューイプロフィール 加納裕三(Yuzo Kano)bitFlyer Blockchain代表取締役。1976年生まれ。ゴールドマン・サックス証券会社にてエンジニアやトレーダーとして勤務後、2014年1月にbitFlyerを共同創業。日本ブロックチェーン協会代表理事も務める。…

Grayscale increased its digital token basket to reap diversification benefits

Cryptocurrency investor Grayscale added 13 tokens to its digital kitty to diversify digital assets  Few of…

DeFiはルールを明確にすべき(ビットフライヤーブロックチェーン加納裕三氏 4/5) | あたらしい経済

DeFiはルールを明確にすべき 雑誌「GOETHE」が暗号資産やブロックチェーン業界のキーパーソンを取材していく連載「暗号資産は世界をどう変えるか?」と「CONNECTV」とのコラボ企画。ビットフライヤーブロックチェーン代表取締役の加納裕三氏のインタビュー動画を公開(第4回/全5回)。 今回はDeFi(分散型金融)について加納氏がどう考えているかについて語っていただきました。(聞き手:あたらしい経済:設楽悠介) 動画を見る →これまでの動画はこちら インタビューイプロフィール 加納裕三(Yuzo Kano)bitFlyer Blockchain代表取締役。1976年生まれ。ゴールドマン・サックス証券会社にてエンジニアやトレーダーとして勤務後、2014年1月にbitFlyerを共同創業。日本ブロックチェーン協会代表理事も務める。…

Billionaire Bitcoin Investor Mark Cuban Calls For Crypto Regulation After Price Of Radical New Token Suddenly Crashes To Zero

Mark Cuban, the billionaire investor and owner of the Dallas Mavericks that has begun dabbling in…

Is SwissToken worth buying? An in-depth look at a wealth token

SwissBorg CHSB/USD, an Ethereum-based ERC-20 token secured by a proof-of-stake (PoS) consensus, has weakened from $1.07…

Is Voyager Token worth buying? Investing in lending

Voyager VGX/USD is a cryptocurrency lending application that was released in January 2019 and has been…

What has been driving Amp’s price up? The Eth token has risen by 1200% !

Despite the fact that the crypto market has been trending lower over the previous 24 hours,…

【速報】Perfume初のNFT作品、約325万円で落札

PerfumeのNFT、約325万円で落札 PerfumeのNFTアート作品が20,000MATIC、日本円に換算すると約325万円にて6月18日21:40頃落札された。 オークションは6月18日21:00に終了予定であったが、終了5分までの入札更新の仕組みにより競売の時間は延長された。 PerfumeのNFT作品はRhizomatiks(ライゾマティクス)独自のNFTアートのマーケットプレイス「NFT Experiment」で6月11日21時から18日21時までの期間にてオークション形式で販売されていた。 なおこの作品は、Netflixで配信中の「Perfume Imaginary Museum “Time Warp”」で使用したデータを元に制作されており、パフォーマンスで披露された振付の中から、Perfumeのメンバー3人の象徴的なポーズを3Dデータ化し制作されたものである。 なお作品名は「Imaginary Museum “Time Warp”(イマジナリーミュージアム “タイムワープ” )」で制作者はRhizomatiksだ。…

DeFi Lending Platform Aada Announces Its Token Sale

Aada is helping to promote the proposed reach of the Cardano ecosystem with its version of…

Phoenix Global Token to Be Listed on DigiFinex

The global cryptocurrency exchange platform, DigiFinex, is updating its cryptocurrency listing with the addition of Phoenix…

Gelato network’s G-UNI Uniswap v3 token enables users to earn additional fees

Gelato network launches G-UNI Uniswap v3 management token Rebalances Uniswap v3positions every 30 minutes G-UNI enables…

「ブロックチェーンが国家戦略に」政府成長戦略にてBC活用が明記

「ブロックチェーンが国家戦略に」政府成長戦略にてBC活用が明記 内閣官房の成長戦略会議事務局が、日本における成長戦略計画が閣議決定されたことを6月18日発表した。 この計画の「第2章 新たな成長の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備」には「ブロックチェーン等の新しいデジタル技術の活用」が明記されている。これによりブロックチェーンが国家戦略として取り組まれることになった。 この計画にはブロックチェーンの活用方法として、サプライチェーンの効率化や官民の様々なサービス間でのID(本人確認)連携などにおいてブロックチェーン等の新しいデジタル技術の活用方策の検討を行うとし、またNFTやセキュリティトークンに関する事業環境の整備を行うと明記されている。 昨年より「ブロックチェーンを国家戦略に。」を掲げ、平井卓也デジタル担当大臣を表敬訪問し提言を行うなど、ブロックチェーン推進を取り組んできた日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事兼bitFlyer Blockchain代表取締役の加納裕三氏は 『「ブロックチェーンを国家戦略に。」のキャッチフレーズを長年提唱し続けてきました。ついに本日、政府の成長戦略に明記 & 閣議決定されました!つまり「ブロックチェーンを国家戦略に。」が「ブロックチェーンが国家戦略に!」引き続き業界を盛り上げていきます!』 と自身のTwitterにてコメントをしている。 「ブロックチェーンを国家戦略に。」のキャッチフレーズを長年提唱し続けてきました。 ついに本日、政府の成長戦略に明記 & 閣議決定されました! つまり「ブロックチェーンを国家戦略に。」が「ブロックチェーンが国家戦略に!」…

【6/18の話題】JCBとソラミツがサイバー空間サービスキット提供へ、デジタル庁重要施策にBCなど(音声ニュース)

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・フィンテックについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください。(ラジオの再生はページ下部参照) ラジオで紹介したニュース ・JCBとソラミツ、サイバー空間サービスキットを提供へ。エピック・ゲームスのゲームエンジン上で ・デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定 ・米共和党、暗号資産での政治献金可能へ ・アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携 ・チリーズのSocios. com、NBAセブンティシクサーズと提携 ・モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)、暗号資産インデックス導入を検討か ・PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM ・世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否。環境面と透明性を理由に ・CNN、NFT販売サービス「Vault by…

DigiFinex Crypto Exchange to List Horizon Protocol’s Token HZN

DigiFinex, a global cryptocurrency exchange, is adding Horizon Protocol’s token HZN to its ever-increasing list of…

米コインベースの日本法人、交換業登録完了 | あたらしい経済

米コインベースの日本法人、交換業登録完了 米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所であるコインベース(Coinbase)の日本法人が交換業登録を完了したことを6月18日に日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が明らかにした。 また東京ハッシュ株式会社と株式会社ガイアも第二種会員から第一種会員へ変更し、交換業登録を完了させたことも明らかにした。 金融庁のサイトによれば、取り扱う通貨は「BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、XLM(ステラルーメン)、LTC(ライトコイン)」とのことだ。 参考:日本暗号資産取引業協会デザイン:一本寿和images:iStocks/Ninja-Studio Source: https://www.neweconomy.jp/posts/127585

世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否。環境面と透明性を理由に

世界銀行がエルサルバドルのBTC導入の支援拒否 エルサルバドルの進めているビットコインを法定通貨にする動きについて、World Bank(世界銀行)は支援することはできないと述べたことを6月16日ロイターが報じた。 世界銀行は途上国政府などに対し融資、​技術協力、政策助言を提供する国際開発金融機関。通常の銀行とは異なり貧困削減と持続的成長の実現に向けた取り組みを行っている。米国ワシントンに本部を構えている。 ロイターの報道によると、世界銀行の広報担当者は電子メールにて「我々は、通貨の透明性や規制プロセスを含む様々な方法でエルサルバドルを支援することを約束します」と述べたというが、しかし「(エルサルバドル)政府はビットコインに関する支援を求めてきましたが、環境面や透明性の問題を考えると、世界銀行が支援できるものではありません」と述べたとのことだ。 エルサルバドルの法定通貨へのビットコイン導入については国際通貨基金(IMF)も経済的・法的に多くの懸念を示している。また中米経済統合銀行(CABEI)ではエルサルバドルの動きに対して、技術チームを設立し支援することも明らかにしている。 関連ニュース 中米経済統合銀行がエルサルバドルのビットコイン法定通貨化を支援、技術チームも発足  エルサルバドルのビットコイン法定通貨動向、国際通貨基金(IMF)が懸念 エルサルバドルが世界で初めてビットコインを法定通貨に、法案可決 参考:ロイターデザイン:一本寿和images:iStocks/LongQuattro・Ninja-Studio Source: https://www.neweconomy.jp/posts/127415

露ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行

ノリリスク・ニッケル、銅とニッケルを裏付けにしたETCのトークン発行 ロシアの非鉄金属生産企業ノリリスク・ニッケル(Nornickel)が、ニッケルと銅を裏付けた上場商品(ETC)の提供を6月17日発表した。このETCはブロックチェーン上に情報が記録されており、購入者にETCと紐づいたトークンが付与される仕組みとなっている。 このETCはノリリスク・ニッケルが設立したグローバル・パラジウム・ファンド(GPF)によってロンドン証券取引所とイタリア証券取引所に上場したとのこと。 ETCの情報をブロックチェーンに記録することで投資家のセキュリティを強化するという。ブロックチェーンにはIBMが開発を主導するエンタープライズ向けブロックチェーンであるHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)が採用されているとのことだ。 GPFでは今年初めににイタリア証券取引所にて金、銀、プラチナ、パラジウムのETCを販売している。 参考:Nornickel・Coindeskデザイン:一本寿和images:iStocks/RHJ Source: https://www.neweconomy.jp/posts/127555

MCS Launches a Trading Competition with the Prize of 30,000 USDT + 1M Token!

Place/Date: Singapore – June 18th, 2021 at 7:00 am UTC · 3 min read Source: MCS…

マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ | あたらしい経済

マクラーレン・レーシングがテゾスと提携、NFTプラットフォーム構築へ 英国のレーシングチームであるマクラーレン・レーシング(McLAREN RACING)がTezos(テゾス)と提携し、テゾスブロックチェーン上にNFTを利用したファンとのエンゲージプラットフォームを構築することを6月17日発表した。 We are excited to welcome @Tezos, the world’s most advanced blockchain,…

デジタル庁の重要施策にブロックチェーン、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定 「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が6月18日に閣議決定された。この計画は行政手続きのオンライン化など、9月に新設されるデジタル庁が主導する政府の重点計画である。 この計画にはブロックチェーンについての言及もあり、デジタル庁の重要施策にブロックチェーンが入れ込まれたことになる。 「デジタル社会の実現に向けた重点計画」を閣議決定しました 本計画は2021年9月のデジタル庁の創設を見据え、デジタル社会形成基本法に基づく重点計画を先取りする形で策定するものです。閣議資料などをお知らせに掲載しましたので、ぜひご覧ください。https://t.co/kbrKoT3pxH — デジタル庁(準備中) (@digital_jpn) June 18, 2021 この計画ではブロックチェーンについて「引き続き国内外のグループにおける先進的な取組や民間主導の活動を積極的に情報収集し、高い信頼性が求められる公共性の高い分野に導入されるシステムの技術面や運用面の課題及びその解決の方向性等に関して、更なる検討を行う」とし、「データの存在証明を行うタイムスタンプについて、包括的データ戦略に基づき、トラストを担保する基盤の一つとして、社会実装を進める」と記載されている。 なおブロックチェーンについてはP.61「(2)データ活用を支える高度コンピューティング技術の研究開発・実証」のなかで「③ データの耐改ざん性が高く証跡の確保に優れた技術」として言及されており、ブロックチェーンを利用することで、「取引上の仲介が不要となり、サービスにおける取引コストの削減が図られる等の利点がある」と記載されている。 また、「このため、暗号資産(仮想通貨)の取引管理等では既にその技術が広く活用されているほか、身分証明等の真正性確認や、サプライチェーン管理や電力取引、環境価値取引といった商取引など、様々な分野での商用化、実証及び検討が国内外で進められている」と説明されている。 9月に「デジタル社会形成基本法」が施行されるのを受け、政府は年内をめどに内容を具体化した重点計画を改めて策定する方針のようだ。…

CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表 | あたらしい経済

CNN、NFT販売サービス「Vault by CNN」発表 CNNがNFTを活用したサービス「Vault by CNN:Moments That Changed Us」の開始を6月16日に発表した。 「Vault by CNN」は、CNNのテレビアーカイブから厳選したデジタルコレクティブル「Moments(モーメンツ)」を集め、NFTとしてミントし、サイト「vault.cnn.com」にて販売するサービスだ。 CNNは2021年6月下旬から毎週6回「Moments」をドロップしていく予定だ。「Moments」の内容としてはCNNの初期の独占番組、世界史、大統領選挙など、特定のテーマに沿って構成された歴史上の重要なものになるようだ。…

Iron Finance Details DeFi ‘Bank Run’ and Titan Token Collapse

The latest decentralized finance (DeFi) protocol to suffer a collapse in token value is Iron Finance.…

ピラミッドやスフィンクスがNFTに、エンジンとバーチャルワールズが提携 | あたらしい経済

ピラミッドやスフィンクスがNFTに、エンジンとバーチャルワールズが提携 Enjin Pte. Ltd.(エンジン)がVirtual Worlds LLC(バーチャルワールズ)と提携したことを6月17日発表した。 We are proud to welcome Virtual Worlds to…

Breaking: NBU Token Gets Listed on PancakeSwap

Nimbus – an automated DeFi platform that offers 16 earning strategies for users based on IPO…

アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携 | あたらしい経済

アフリカでDeFi活用しエネルギーアクセス加速、Energy WebとENGIE Energy Accessが提携 NPOのエナジー・ウェブ(Energy Web)、アフリカのエンジー・エネルギー・アクセス(ENGIE Energy Access)が分散型金融(DeFi)を活用したクラウドファンディング・プラットフォームを通じて、サハラ以南のアフリカにおけるエネルギー・アクセスを加速するためのパートナーシップを6月17日に発表した。 DeFiを活用したクラウドファンディング・プラットフォームは、オープンソースのEnergy Web技術スタック上に構築され、投資家がクリーンエネルギーの導入を支援するマイクロローンを提供できるようになるとのことだ。 このクラウドファンディング・プラットフォームでは、投資家がエナジー・ウェブのブロックチェーンであるEnergy Web Chainのネイティブ・トークンEnergy…

Crypto exchange HitBTC introduces its native utility token: HIT » CryptoNinjas

HitBTC, a long-standing cryptocurrency exchange company, has officially announced the launch of HIT, its native utility…

米共和党、暗号資産での政治献金可能へ | あたらしい経済

米共和党、暗号資産での政治献金可能へ 全米共和党議会委員会(The National Republican Congressional Committee:NRCC)が、暗号資産(仮想通貨)での政治献金の受付を開始する予定であることがメディアAxiosの取材によって6月17日に明らかになった。  Axiosの報道によれば、NRCCは政治献金の処理には支払処理業者であるBitPayを使用する予定で、献金はNRCCの口座に入る前に米ドルに変換されるとのことだ。 NRCCは直接、暗号資産を保有するわけではないので、従来通り年間約110万円(1万ドル)までの個人の寄付を受け付けることができる。 あわせてNRCCの会長であるトム・エマー(Tom Emmer)議員は「私たちは、ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)氏の社会主義的な政策を阻止し、下院の過半数を奪還するという使命を果たすために、あらゆる手段を講じることに注力しています。この革新的な技術は共和党が成功するために必要なリソースを提供するのに役立ちます」と声明を発表している。 …

Mark Cuban Hit by Iron Finance Token Crash, Calls for Defi Regulation – Regulation Bitcoin News

Billionaire investor and Shark Tank star Mark Cuban has called for cryptocurrency regulation focusing on decentralized…

ブロックチェーンの「5大利点」とは?(ビットフライヤーブロックチェーン 加納裕三氏 3/5) | あたらしい経済

ブロックチェーンの「5大利点」とは? 雑誌「GOETHE」が暗号資産やブロックチェーン業界のキーパーソンを取材していく連載「暗号資産は世界をどう変えるか?」と「CONNECTV」とのコラボ企画。ビットフライヤーブロックチェーン代表取締役の加納裕三氏のインタビュー動画を公開(第3回/全5回)。 今回は加納氏にブロックチェーン技術とは、パブリックブロックチェーンと企業向けブロックチェーンについてや、ブロックチェーンはDXに使えるか、などについて語っていただきました。(聞き手:あたらしい経済:設楽悠介) 動画を見る →これまでの動画はこちら インタビューイプロフィール 加納裕三(Yuzo Kano)bitFlyer Blockchain代表取締役。1976年生まれ。ゴールドマン・サックス証券会社にてエンジニアやトレーダーとして勤務後、2014年1月にbitFlyerを共同創業。日本ブロックチェーン協会代表理事も務める。…