コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

コンコーディアムでweb3ドメインサービス「CNS」開始 DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。なおサービス開始は9月23日とのことだ。 「CNS」は人が読みやすい文字列(名前)をブロックチェーン・アドレスにマッピングし、よりフレンドリーなオンチェーン体験を実現するサービスだ。 具体的には「CNS」ドメインは、ブロックチェーンのアイデンティティとコンコーディアムのアドレスやアイデンティティ、IPFSハッシュ、テキスト、ソーシャル、ウェブサイトのURLなど、多くのリソースへのマッピングが可能になる。 また「CNS」ドメインはコンコーディアムネットワーク上のセカンダリーweb3マーケットでNFTとして取引も可能となる。 ちなみに「CNS」は、サービス開始から24時間で1,000以上の名前が登録されたという。 https://ccd.domains/ CNSの特徴、DNSとの違いは? 一般的に暗号アドレスは16進数の複雑な文字列で構成される公開鍵であり、ブロックチェーンに精通していないユーザーにとって、直感的に読んだり覚えたりすることは難しい。 今回発表された「CNS」は、コンコーディアム・ブロックチェーンをベースとした分散型かつ拡張可能なネーミングシステムとして、インターネットのドメインネームサービスであるDNSと同様の目的を持つが、同ブロックチェーンが提供する機能と制約により、アーキテクチャに大きな違いがあるという。 それは「CNS」がドメインと呼ばれるドットで区切られた階層的な名前のシステムで運営されており、ドメインの所有者はサブドメインを完全に制御することができる点だ。 なお「CNS」ドメインは、分散型ウェブサイトのドメイン名としても利用できるとのこと。「CNS」はコンコーディアムのトークンティッカーに由来する「.ccd」トップレベルドメインを持ち、数字と文字の組み合わせに対応している。また「CNS」ドメインは、分散型ドメインが広く普及した際に、その人物固有のIDがweb3での真正な強力なアイデンティティになる可能性があるとしている。 「CNS」関係者のコメント…

Apple to Permit Developers to Host NFT-Based Apps on App Store

American multinational tech giant Apple Inc is coming to terms and is billed to allow Web3.0…

チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携

Socios.comがマレーシアサッカー「ジョホール」と提携 ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営するチリーズ(Chiliz)が、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール・ダルル・タクジムFC(JDT FC)」と提携したことを9月26日発表した。 なお「Socios.com」がマレーシアのサッカークラブと提携するのは初の事例。 今回の提携により「JDT FC」の公式ファントークン「$JDT」が発行予定であることも明かされている。 ただし具体的な「$JDT」の発売日、ファントークンオファリング(FTO)の価格、その他の詳細については、今回発表されていない。 「Socios.com」とは 「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。 チリーズは、アメリカンフットボール、バスケットボール、クリケット、サッカー、ゲーム、アイスホッケー、MMA、モータースポーツ、ラグビー、テニスといった10競技において、既に25カ国で150を超えるスポーツ組織と提携している。 また欧州の多くのプロサッカークラブでトークンを発行している他、北米ではMLS加盟全28チーム中27チームと提携している。なおサッカーだけでなく、NBAでは現在「Socios.com」と提携するNBAチームは全30チームのうち28チームで、その他にもNFLやNHLとの提携も行っている。また韓国やインド、インドネシア、ブラジル、メキシコなどのスポーツチームとも提携を進めており、国・ジャンルを問わず「Socios.com」は展開している。 また「Socios.com」で発行されている各スポーツチームのファントークンを購入するための暗号資産チリーズ(CHZ)は、9月21日より国内暗号資産取引所DMM Bitcoinが日本で初めて取り扱いを開始している。   関連ニュース チリーズ(CHZ)のソシオスドットコム、イタリアで暗号資産ライセンス取得…

ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行 | あたらしい経済

ラグビー用品専門ショップがトークン発行 次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、ラグビー用品専門ショップ「ラグビーオンライン」のトークン新規発行と販売開始を9月27日発表した。 「ラグビーオンライン」は、2004年からECサイトをオープンした日本最大級のラグビー用品専門ショップ。現在は東京・大阪(今秋リニューアルオープン)・福岡に実店舗も3店展開している。また夏季限定で長野県にも店舗を構えている。 今回「ラグビーオンライン」は、トークン保有者が参加できる「FiNANCiE」内のコミュニティでラグビーファンと仕入れ商品の内容決めや実店舗におけるアイデアを募集しながら、ファンの意見が反映されるECショップコミュニティを形成していく予定としている。 なお今回FiNANCiE上で発行されるトークンは「ラグビーオンライントークン」として販売されるとのことだ。 「ラグビーオンライントークン」購入者は特典として、「ラグビーオンライン」運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。 なお「FiNANCiE」で発行されているトークンは金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)でもないとのことだ。 現在発表されている投票企画案として「オリジナルグッズの仕入れ企画」や「SNS/YouTube コンテンツ企画」がある。またトークンを活用した抽選特典案として「ショップ運用の手伝い」と「限定グッズのプレゼント」がある。…

Bankrupt Compute North Permitted by Court to Operate Key Functions

Compute North, a cryptocurrency mining startup that filed for bankruptcy last week has been granted a…

Best Universities for Blockchain 2022: University of California-Berkeley

Please note that our privacy policy, terms of use, cookies, and do not sell my personal…

SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から

SBIVCトレードがADAのステーキングサービス提供へ 国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードが、新たに「ステーキングサービス」を開始することを9月26日発表した。 SBI VCトレードによると同サービスは10月1日から開始する予定とのこと。また対象銘柄は暗号資産カルダノ(ADA)になるとのことだ。 また同サービスでは、SBI VCトレードにおいてADAを保有する全てのユーザーが対象で、申し込みは不要だという。 報酬額については年率2.82%~4.86%を見込んでいるとのこと。手数料については配分ステーキング報酬の25%で報酬の単位0.000001ADAとなるようだ。 また注意点として、SBI VCトレードで提供されているレンディングサービスに貸し出している暗号資産についてはステーキングの対象外となるとのことだ。なおSBIVCトレードのレンディングサービスでは同取引所がサポートする暗号資産全12銘柄が対象となっている。 またステーキング対象の銘柄については今後順次拡大させていく予定とのことだ。 ステーキングとは ステーキングとは、「バリデーター」と呼ばれるユーザーが、対象となる暗号資産を一定量保有(ロック)することで取引記録のブロック生成プロセスに参加し、報酬を得る行為のこと。暗号資産取引所が一般ユーザー向けに提供するステーキングサービスでは、ユーザーからトークンをプールに集め、ネットワークにまとめて預け入れる形式をとる。そのためステーキング参加に本来必要な暗号資産保有量を持たないユーザーでも、少額でステーキング報酬が得られる仕組みになっている。 なおステーキングは、コンセンサスアルゴリズムの「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用するブロックチェーンで実行が可能となっている。コンセンサスアルゴリズムとは、暗号資産のブロックを追加する際の合意形成のアルゴリズムである。 関連ニュース SBI…

NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催 | あたらしい経済

「CAWA TOKYO 2022」開催へ NFTアート祭典「Crypto Art Week Asia in Tokyo 2022:CAWA TOKYO(カワ・トーキョー)」が本日9月27日から開催される。 「CAWA TOKYO」は、本拠地シンガポールを中心にアジア複数都市のサテライト会場とメタバース上で開催するNFTアート祭典「CAWA:Crypto Art…

Australian CBDC Pilot Test to Commence Next Year – RBA

The Reserve Bank of Australia (RBA) has published a Whitepaper to give additional insights into its…

【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ

セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ セガのゲーム「三国志大戦」のIPを活用したブロックチェーン・カードゲームが、日本発のゲームブロックチェーン「オアシス(Oasys)」上でリリースされる予定であることが明らかになった。オアシスが9月27日に発表した。 「三国志大戦」はアーケードゲームとして2005年に登場し、アジアを中心に絶大な人気を博した対戦型カードアクションゲームだ。 新作のブロックチェーンゲームは、double jump.tokyoが開発・運営を行なっていくとのことだ。なおセガはオアシスの設立メンバーであり、初期バリデーターでもある。 またこのゲームはオアシスのLayer2ブロックチェーン「HOME verse」にて展開されるという。「HOME verse」とはコンセプトフリーなVerseであり、大手ゲーム事業開発社からインディーゲーム開発者を対象としたブロックチェーンゲームプラットフォームだとOasysの広報担当者はあたらしい経済編集部へ説明した。 ちなみに9月12日には、スクエア・エニックスが「Oasys」のバリデーターとなりブロックチェーンゲーム開発も視野に入れていることが明らかになっている。 DJT担当者の担当者へ取材 あたらしい経済編集部はdouble jump. tokyoの担当者へ取材を行なった。 ––なぜまずカードゲームを制作していこうと考えたのでしょうか? いくつかのIP候補の中から三国志大戦を採用しました。最初のチャレンジのターゲットとして、ブロックチェーンゲームカルチャーの浸透している東アジア〜東南アジア地域を見定めました。そこで、いくつかあった候補の中から過去にアジアで展開していたこともある三国志大戦の採用を決定しました。そして(TCGである理由は)三国志大戦がカードゲームだったからです。 ––今後どのような種類のゲームを開発していく方針でしょうか?…

Best Universities for Blockchain 2022: Yale University

Please note that our privacy policy, terms of use, cookies, and do not sell my personal…

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ

博報堂とステイクが新会社設立へ 博報堂と「アスターネットワーク(Astar Network)」の開発を主導するステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)が、ジョイントベンチャーを設立することを9月27日発表した。 この新会社は企業のweb3参⼊と普及を目的に設立されるとのことで、2022年内の立ち上げが予定されているとのことだ。 なお両社は今年7月に協業第一弾として、カルビーと共に「アスターネットワーク」上に構築されたNFTゲーム「アスターファーム(Astar Farm)」のプレイヤーに向けた施策を実施していた。 両社による他施策も現在進行中であると発表されている。 アスターネットワークのファウンダーで、ステイクテクノロジーズCEOの渡辺創太氏は「⽇本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Network上に、⽇本発のコンテンツやクリエイティブを載せ、世界をアッと⾔わせる挑戦をしていきたいと思います。 今回、博報堂と⼀緒にジョイントベンチャーをつくれることは、Astar Networkが⽇本発・世界でより多くのユースケースを⽣み出すきっかけになると確信しています。単⼀障害点となりうる Stake Technologies は最終的に清算を⾏い、Astar NetworkはDAOによって運営されますが、最終的には博報堂をはじめとする数百、数千の企業が参画するネットワークとするために、これからも企業との連携を強めていきます」とリリースにてコメントしている。…

Best Universities for Blockchain 2022: Politecnico di Milano

In addition to a wide range of courses offered at the university, from an intensive “Blockchain…

This Paradigm-backed project is making Ethereum’s technical underbelly more accessible

Episode 91 of Season 4 of The Scoop was recorded remotely with The Block’s Frank Chaparro and…

Best Universities for Blockchain 2022: University of Michigan-Ann Arbor

Ranked first in research volume among U.S. research universities, the University of Michigan Ann Arbor (UMich)…

Tachyon Domination Poised To Deliver A Widely Adopted Blockchain Game

Advertisement &nbsp &nbsp Tachyon Domination’s entry into the market for video games promises a…

What Cardano’s Vasil hard fork means for the blockchain

After several delays and some setbacks, Cardano’s long-awaited Vasil upgrade finally went live on Sept. 22.…

Best Universities for Blockchain 2022: Harvard University

Harvard University has launched three blockchain initiatives including the Digital Finance Initiative, the HLS Blockchain &…

Dubai’s Future Blockchain Summit to create global business opportunities for crypto, metaverse innovators

Dubai, UAE – 21st September 2022: The Future Blockchain Summit, the MENA region’s longest running exhibition…

Best Universities for Blockchain 2022: University of Illinois Urbana-Champaign

The flagship institution of the public University of Illinois system, Urbana-Champaign (UIUC) offers two graduate-level blockchain…

Best Universities for Blockchain 2022: University of Pennsylvania

Please note that our privacy policy, terms of use, cookies, and do not sell my personal…

How Blockchain Technology Can Make Life Easier for Patients – crypto.news

Blockchain technology has become widespread in the world economy in the past years due to its…

VeChain To Integrate Blockchain Into Apparel, Food and Pharmaceuticals Industries With This Partnership

– Advertisement – VeChain and TruFace Partnership To Integrate Industries Such as Food and Apparel Into…

Best Universities for Blockchain 2022: University of Sydney

From larger events like The Financial Technology (FinTech) Sprint and The FinTech Boot Camp, to smaller…

USDT Issuer Tether Announces Launch of Top Stablecoin on Polkadot (DOT) Blockchain

The issuer of the largest stablecoin by market cap is announcing the launch of the dollar-pegged…

Blockchain Game ‘Project Xeno’ Collaborates With Floyd Mayweather Jr.

September 26, 2022 – Tokyo, Japan CROOZ, Inc. (listed on Tokyo Stock Exchange Standard Market, head…

Best Universities for Blockchain 2022: Massachusetts Institute of Technology

Among MIT’s for-credit blockchain courses are the Blockchain Lab, a practical course that pairs students with…

Tachyon Domination Primed To Deliver Mass Adoptable Blockchain Game

The arrival of Tachyon Domination to the gaming market promises a free-to-play (F2P) experience that might…

Tether Stablecoin Goes Live On Polkadot Blockchain

Tether USDT is the largest stablecoin by market cap. Also, the token ranks among the top…

Disney Seeks Corporate Lawyer to Work on NFTs, Blockchain, Metaverse, and DeFi – crypto.news

The Walt Disney Company could be on the edge of entering the cryptocurrency space after a…