Pro-Russian Groups Evade US Sanctions, Raise $400,000 in Cryptocurrency Donations to Fund the Russian Military – crypto.news

Blockchain intelligence company TRM Labs has announced that pro-Russian military groups are raising funds in cryptocurrency…

Kim Kardashian Fined For Cryptocurrency Promotion, Here’s What It Means For Crypto

| Getty Images Key takeaways Kim Kardashian will pay a fine of $1.26 million for not…

Big Eyes is the sustainable cryptocurrency

SPONSORED POST* Let’s talk about Environmental Social Governance (ESG). For those who don’t know, this is…

Now Facebook And Instagram Users Can Link Their Cryptocurrency Wallets     

Mark Zuckerberg paid $60million to get a new brand name, “Meta.” Meta is actively working for…

Spanish Telecom Giant Telefonica Invests in Bit2Me, Pilots Cryptocurrency Payments – Exchanges Bitcoin News

Telefonica, one of the world’s largest telecom companies, has closed an investment in the Spanish cryptocurrency…

【10/3話題】DJTがシンガポール法人立ち上げで代表2名に、ACAがビットフライヤー買収断念など(音声ニュース) | あたらしい経済

ブロックチェーン・仮想通貨(暗号資産)・フィンテックについてのニュース解説を「あたらしい経済」編集部が、平日毎日ポッドキャストでお届けします。Apple Podcast、Spotify、Voicyなどで配信中。ぜひとも各サービスでチェンネルをフォロー(購読登録)して、日々の情報収集にお役立てください。 ポッドキャストで紹介したニュース ・【取材】DJTが代表2名体制へ、シンガポール法人立ち上げと満足氏の代表取締役就任を発表 ・ACAグループがビットフライヤーHD買収を断念=報道 ・デジタル庁が「Web3.0研究会」設置、座長は慶応大の國領教授、構成員には伊藤穰一も ・監査法人EY、イーサリアムの企業活用を支援する団体EEAの理事会メンバーに ・マイクロストラテジー、ビットコインライトニング活用のサービス提供に向け開発者募集 ・Cordaで発行「プレミアム付電子商品券」、大阪府松原市や茨城県鹿嶋市など9地域に導入・福岡県田川市にコミュニティ通貨「コール」導入、カヤック「まちのコイン」で ・カルダノ(ADA)活用の「HIV/AIDS治療成果研究」がケニアで開始、Immunify. Lifeと地元大学が →それぞれの記事はこちらから…

Flasko (FLSK) Will Be The Highest Growth Cryptocurrency In 2023, Surpassing TRON (TRX) and DASH (DASH)

TRON (TRX) and Dash (DASH) are two of the top cryptocurrencies that have been severely affected…

ポリゴン、シンガポールVC「Blockchain Founders Fund」のファンドIIへ出資 | あたらしい経済

ポリゴンがBlockchain Founders FundのファンドIIへ出資 イーサリアム(Ethereum)のスケーリングソリューションを開発する「ポリゴン(Polygon)」が、シンガポールのブロックチェーンVC「ブロックチェーンファウンダーズファンド(Blockchain Founders Fund:BFF)」のファンドIIに出資したことが9月30日に発表された。出資額については不明だ。 BFFのファンドIIは、有望なweb3やメタバース系のスタートアップに焦点を当てたファンドで、有力なクリプト(暗号資産やブロックチェーンの総称)投資家の多くから7500万ドル(約108.6億円)を調達し、今年1月にローンチしていた。 同ファンドには「ネオグローバルキャピタル(NEO Global Capital:NGC)」、「アプリワークス(Appworks)」、「ザ・サンドボックス(The Sandbox)」のCOOであるセバスチャン・ボルジェ(Sebastien Borget)氏、ポリゴンの共同設立者であるサンディープ・ネイルワル(Sandeep Nailwal)氏が参加していたとのことだ。…

福岡県田川市にコミュニティ通貨「コール」導入、カヤック「まちのコイン」で

福岡県田川市が「まちのコイン」導入 カヤックが提供するコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」が、福岡県田川市に導入されることが9月29日発表された。 「まちのコイン」はカヤック独自の通貨システムを利用し、ユーザーがQRコードを用いてポイントを獲得(もらう)・利用(つかう)できるコミュニティ通貨サービスだ。各地域で設定したテーマに基づいた体験(コミュニティ内での新たな繋がりなど)をコミュニティ通貨で利用・獲得できるように設計されている。なお「まちのコイン」はAppStoreまたはGoogle Playからダウンロードができるアプリケーションだ。 今回田川市では「まちのコイン」を介して、地域の伝統行事や、まちおこし、地域の美化活動やフードロス削減等のSDGsを目的とした活動などの参加や興味を促すことで、まちに愛着を感じ、自分たちの地域のため、未来のために行動する人やコミュニティが増えることを目指すとのこと。 日本有数の「炭都」として栄えた田川市は現在、人口減少や少子高齢化、新型コロナウイルス感染症の長期化などにより、地域活動の減少や地域のつながりの希薄化といった、地域社会の持続可能性への懸念が高まっているとのことで、今回「まちのコイン」導入に至ったようだ。 なお福岡県田川市で「まちのコイン」は、「コール」の通貨名で取り扱われる。 現在公開されている「コール」を「もらう」スポット「佐野疊屋」では「職人さんのお手伝いをして1000コールもらおう」などがある。また「つかう」スポットとして、月咲SEEDによる「300コールで炭坑節の踊り方を教えます!」がある。 「まちのコイン」は2019年9月に神奈川県「SDGsつながりポイント事業」で採択されたサービスで、現在では神奈川県鎌倉市や新潟県燕三条エリア、沖縄県石垣島、東京都内では下北沢や秋葉原など、21の地域でそれぞれ異なる通貨名で導入されている。 なお先日も京都府丹後地域に「まちのコイン」が10月3日より導入されることが発表されている。 関連ニュース 京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で 渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ 滋賀県でコミュニティ通貨「ビワコ」サービス開始、長浜市、近江八幡市、日野町から ブロックチェーン技術はソラミツ採用、福島県磐梯町でデジタル地域通貨発行へ デジタル地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」の決済基盤がOrb…

カルダノ(ADA)活用の「HIV/AIDS治療成果研究」がケニアで開始、Immunify. Lifeと地元大学が

ケニアでカルダノの「HIV/AIDS治療成績調査」 ケニアでブロックチェーンを活用した「HIV/AIDS治療成果研究」が開始した。医療系スタートアップのイミュニファイライフ(Immunify.Life)が9月27日発表した。 なお同研究は、ケニアのマシンド・ムリロ科学技術大学(MMUST)との提携により進められているようだ。 イミュニファイライフでは患者の医療情報や健康記録を、独自開発のインセンティブ付き行動変容システムとデータ収集ツールを利用して提供するプラットフォームを提供する企業。同社のプラットフォームにはカルダノ(Cardano)ブロックチェーンが活用されている。またインセンティブや医療データへのアクセス料金の支払いなどにプラットフォームのユーティリティトークン「IMM」が利用されるという。 今回開始した「HIV/AIDS治療成果研究」では、イミュニファイライフのプラットフォームが利用されるとのこと。これにより患者、コミュニティ、そして国全体がトークン報酬を利用して、これまで治療を中断していたHIV/AIDS患者の治療遵守率を向上できるとしている。 またその他にもプラットフォームの利点として「HIVとAIDSのスクリーニング、臨床検査、治療、フォローアップケア、治療成果の追跡、治療継続の追跡、ペーパーレスデータの強化などの重要なコンポーネントがある」と説明がされている。 なおイミュニファイライフによると、HIVが人口の3〜20%の割合で蔓延している新興国では、HIV陽性の成人の最大30%、子どもの40%が薬を飲んでいないのが現状とのこと。またケニアは世界でも有数のHIV/AIDS患者数を誇っており、その約30%が治療を受けていないとのことだ。 イミュニファイライフのCEOであるガイ・ニューウィング(Guy Newing)氏は今回の研究について「イミュニファイライフで使用している技術は、HIVとAIDS、結核、予防接種プログラムの課題に対応するために設計されています。ブロックチェーン技術は、アフリカの医療に革命を起こす最先端のニューフロンティア技術です」とコメントしている。 なおイミュニファイライフは今回の発表と同月9月にシードラウンドにて、スイスに本拠を置くブロックチェーン VC であるブルーフォリオ(BluFolio)らから200万ドル(約2.9億円)の資金調達を行っている。 関連ニュース 国境なき医師団、医療記録保存にブロックチェーン活用 日本医療推進財団、ブロックチェーンでのPCR検査結果証明書システムリリース 朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger…

マイクロストラテジー、ビットコインライトニング活用のサービス提供に向け開発者募集

マイクロストラテジーが開発者を募集開始 企業としてビットコインの購入を積極的に進めている米ナスダック上場企業マイクロストラテジー(MicroStrategy)が、ビットコインのライトニングネットワーク(Lightning Network)をベースとするサービスの提供に向けて動いていることが分かった。同社が10月1日に同サービスにおける開発者を募集開始したことにより明らかになった。 ライトニングネットワークは、ビットコインのブロックチェーン上で1秒あたり数百万回の取引を可能にするためのスケーリング技術のこと。オープンな設計で、取引記録をすぐにブロックチェーン上には移動させず「オフチェーン」で管理することで、瞬時で効率的な価値の移転を実現している。 募集要項によると開発者の仕事内容は「新たなeコマースのユースケースを実現に向け、ライトニングネットワークベースのSaaSプラットフォームを構築し、サイバーセキュリティの課題に対するソリューションをエンタープライズ向けに提供すること」となっている。 また応募に必要な資格としては「ビットコインブロックチェーンやライトニングネットワーク、DeFi(分散型金融)を活用したソフトウェアソリューションの構築経験など」が求められている。 またマイクロストラテジー創業者マイケル・セイラー(Michal Sayler)氏は、現在マイクロストラテジーの開発者が、ライトニングネットワークを活用したアプリ開発に取り組んでいることをツイッターにて今月1日に発表している。 マイクロストラテジーは米国上場企業としてはいち早くビットコインの購入を進めた企業だ。今年9月には、約9億円(1,000万ドル)相当のビットコイン(BTC)を追加購入したことを発表しており、これまでの購入合計は130,000BTCと報告されている。 関連ニュース マイクロストラテジー、約9億円分のビットコイン追加購入。合計保有数13万BTCに マイクロストラテジー、ビットコイン購入目的で最大716億円の株式売却へ 脱税容疑でマイケルセイラーとマイクロストラテジーを訴訟、米司法長官事務所 マイクロストラテジーがビットコイン担保に約250億円調達、シルバーゲート銀行ローン利用で マイクロストラテジー、BTC追加購入を目的に10億ドルの株式発行へ 参考:マイクロストラテジーデザイン:一本寿和images:iStocks/24K-Production…

デジタル庁が「Web3.0研究会」設置、座長は慶応大の國領教授、構成員には伊藤穰一も

デジタル庁がWeb3.0研究会を設置 デジタル庁に「Web3.0研究会」を設置したことを河野太郎デジタル相が9月30日発表した。 今年6月7日に閣議決定した「デジタル社会の実現に向けた重点計画」等において「ブロックチェーン技術を基盤とするNFTの利用等のWeb3.0の推進に向けた環境整備」が盛り込まれたことを踏まえ、所要の検討を行うべく、同研究会は開催されるとのこと。 河野氏は「いろんな論点がありますが、スピード感を持って検討していただきたいと思っています」と話しており、「年末までの議論取りまとめを目指す」としている。 なお「Web3.0研究会」の座長として慶應義塾大学総合政策学部 教授の國領二郎氏、 座長代理には東京大学 総長特任補佐・先端科学技術研究センター 身体情報学分野 教授の稲見昌彦氏が河野氏より指名されている。 また構成員には、株式会社デジタルガレージ 取締役 チーフアーキテクト兼千葉工業大学 変革センター センター長である伊藤穰一氏も指名されている(他構成員は下記参照)。 Web3.0研究会構成員…

【取材】DJTが代表2名体制へ、シンガポール法人立ち上げと満足氏の代表取締役就任を発表

DJTが代表2名体制へ、シンガポール法人立ち上げと満足氏の代表取締役就任発表 ブロックチェーン技術を⽤いたゲームやアプリケーション開発を⾏うdouble jump.tokyo(DJT)が、シンガポール法⼈⽴ち上げに伴い、代表取締役に新たに満⾜亮氏を加え、代表取締役2名体制に移⾏したことを10月3日に発表した。同氏は2020年7⽉よりDJTの取締役/CTOに就任している。 そしてシンガポール法人を立ち上げる理由について「これまで当社は⽇本を拠点に事業を推進してまいりましたが、現在シンガポールがWeb3の中⼼地となりつつあることは間違いなく、ゲーム特化型ブロックチェーンOasys(オアシス)のリードディベロップメントが当社の事業の柱になっていくことも踏まえ、当社もOasysと同じシンガポールに拠点を構えることを決定いたしたしました」と説明している。 なお今後はシンガポール法⼈の代表取締役に上野広伸氏が就任し、国内のゲーム事業を満⾜氏が統括することで、代表取締役の2名が両輪となり事業推進のスピードを加速していくという。 DJTの代表取締役に就任した満⾜氏は「この度、新たに代表取締役に就任することなりました。この3年ほどでブロックチェーン事業を取り巻く環境は⼤きく変化し、創業時からの弊社のミッション「ブロックチェーン技術でゲームの未来を再構築する」がいよいよ近づいてきたと感じております。シンガポールと⽇本の代表取締役2名体制で、これまで以上にブロックチェーンゲーム事業を強⼒に推進していきます」とリリースで伝えている。 DJTの代表取締役である上野広伸氏は「シンガポール法⼈の代表取締役に就任いたしました。これまでどおり、当社の代表取締役を満⾜と共に務めます。⽇本とシンガポールの2拠点から事業を推進することで、Oasysとの連携を含め、当社のブロックチェーンゲーム事業を加速させていきます」と伝えている。 DJT代表取締役満足氏へ取材 あたらしい経済編集部は、DJT代表取締役満足亮氏へ取材を行った。 ––日本国内のweb3領域を、どのように発展させていきたいと考えていますか? まずは触ってもらうというのが大事だと考えています。 日本が誇る漫画やアニメ、ゲームなどのIP等多くの人が興味ある対象を、多くの人が触れるUXで提供するのが大事と考えています。 ––日本からシンガポール、ドバイと移る人が多いですが、web3のコンテンツ事業者として両国はどのように違うのでしょうか? 最も大きな違いは日本との時差です。日本拠点と開発等で多くの時間を共有する必要がある場合、シンガポールの方がメリットが大きいと思っています。 ––あわせてシンガポール拠点にした具体的な理由を教えていただけますか? Web3の中心地となり得る東南アジア圏の地理的拠点とするためになります。…

監査法人EY、イーサリアムの企業活用を支援する団体EEAの理事会メンバーに

監査法人EY、EEAの理事会メンバーに エンタープライズイーサリアムアライアンス(EEA)は、大手監査法人のアーンスト・アンド・ヤング(EY)が理事会メンバーに昇格したことを9月30日に発表した。 またEEAは、EYグローバルブロックチェーンリーダーであるポール・ブロディ(Paul Brody)氏が同社のEEA理事会代表を務め、組織のビジョンの指導、メンバーのエンゲージメントの推進、イーサリアムビジネスエコシステムの発展に向けた新たな政策策定、キャリア、教育イニシアティブの構築に参画すると発表している。なおEYはEY OpsChain、EY Blockchain Analyzer、EY Nightfallを含むグローバルブロックチェーンソリューションプラットフォームを開発、運用し、企業がブロックチェーンの力を活用し、効率性を高めて取引コストを削減することを可能にしてきている。 EEAは企業が通常のワークフローにおいてイーサリアム技術を採用し、使用することを可能にするためのコミュニティであり、新しいビジネス機会を開発し、業界の採用を促進し、学習と協力のためにイーサリアムエコシステムを強化していく狙いを持つ。 現在、EEAにはアクセンチュア、バンコ・サンタンデール、ブロックアップス、コンセンシス、イーサリアム財団、JPモルガン、マイクロソフトなどが参加している。 EEA事務局長のダン・バーネット(Dan Burnett.)氏は「イーサリアムのThe Mergeは、エネルギー効率に優れたイーサリアムのメインネット上で分散型ソリューションを展開するための道筋を企業に提供するものであり、イーサリアム上に構築するビジネスにとってエキサイティングな時期です。EYは、イーサリアムのエコシステムにおけるビジネスリーダーとして、また長年のEEAメンバーとしての専門知識を兼ね備えており、EYがボードレベルで参加することで、EEAとそのメンバーは大きな利益を得られると期待できます。ビジネスレディネスの理解とエンタープライズグレードの分散型台帳金融サービスソリューションの展開におけるポールの専門性は、企業がイーサリアムメインネットに展開し、イーサリアム技術とそのビジネスデリバティブを理解するためのEEAの取り組みにとって極めて重要です」と伝えている。 EYのポールブロディ(Paul Broady)氏は「EYがイーサリアムのエコシステムに注目している理由はたくさんあります。最も重要なのは、EEAやイーサリアム財団のような強力な組織がバックアップしていることです。EEAの理事会に参加することは大きな喜びであり、イーサリアムのビジネスロードマップで次に何が起こるか協力することを楽しみにしています。EEAは、企業がイーサリアムのビジネス対応力を理解するための重要な作業を支援しており、ここEYでは、イーサリアムのそのような側面に情熱を注いでいるのです。EEAと協力して、あらゆる規模の企業がイーサリアムの可能性を活用する方法をさらに進めることに興奮しています」と説明している。 参考:EYimages:iStocks/ismagilovデザイン:一本寿和…

Fiji Officials Warns Residents of Cryptocurrency Scams

The Fiji Financial Intelligence Unit (FIU) has issued a warning to the members of the public…

What is Girles Token? – The Coin Republic: Cryptocurrency , Bitcoin, Ethereum & Blockchain News

In September, the most long-awaited presale of this year started. While the world of cryptocurrencies is…

CoinEx Cheers for Athletes as the Exclusive Cryptocurrency Trading Platform – Press release Bitcoin News

press release PRESS RELEASE. On 15 October, England men will face the Samoa men at St…

Uzbekistan Introduces Monthly Fees for Cryptocurrency Companies – Coinotizia

Crypto firms in Uzbekistan will have to pay fees to the state under new legislation proposed…

Uzbekistan Introduces Monthly Fees for Cryptocurrency Companies – Regulation Bitcoin News

Crypto firms in Uzbekistan will have to pay fees to the state under new legislation proposed…

EUR and GBP Ditched for Cryptocurrency as Fiat Currencies Collapse. – crypto.news

Investors dump the pound and euro for bitcoin as the currency value drops. Charts reveal massive…

Russia to Supply Electricity to Kazakhstan’s Cryptocurrency Miners – Mining Bitcoin News

Russia is preparing to provide Kazakhstan with additional energy needed to operate crypto mining farms in…

BlackRock preps ETF targeting metaverse companies: Bloomberg

BlackRock, the world’s largest asset manager, is planning a new ETF aimed at capitalizing on metaverse-facing…

As the prices of Bitcoin, Ethereum, BNB, XRP, Solana, Cardano, Shiba Inu, and Dogecoin soar higher, the cryptocurrency market exhibits “anomalous” behavior

Join Our Telegram channel to stay up to date on breaking news coverage Recently, the behavior…

Spanish telecom giant Telefonica enables crypto payments via Bit2Me: CoinDesk

Telefonica, the $19 billion Spanish telecom giant, is allowing the use of cryptocurrency for purchases on…

Are we getting closer to mass-market adoption of cryptocurrency p…

For years, enthusiasts and various publications worldwide have discussed the possibility of mass-market adoption of cryptocurrency…

California wants to model crypto rules for the rest of the U.S.

Much as it did in the 1960s for automobile emissions, California wants to develop a crypto…

Cryptocurrency Experts Predict Flasko (FLSK) Will Surpass Ethereum Classic (ETC) and Litecoin (LTC) In 2023

The cryptocurrency industry’s ecology is ever-changing. Innovation in the crypto industry keeps investors motivated to support…

暗号資産の有識者から見る「国内取引所に上場して欲しい銘柄」とは?(HushHub平野淳也・Kyber Network堀次泰介) | あたらしい経済

暗号資産の有識者から見る「国内取引所に上場して欲しい銘柄」とは? 今回の「CONNECTV」では、有識者に今後国内暗号資産(仮想通貨)取引所に上場して欲しい銘柄や日本の上場審査について思うこと、今後の日本市場について語っていただいた。 ゲストには、ブロックチェーン・暗号資産関連事業を展開する株式会社HashHubのCEOである平野淳也とDeFi(分散型金融)に精通する人物として知られ、また「やさしいDeFi」でDeFiの教育や啓蒙も行っているKyber Network JapanのManagerである堀次泰介(hory)氏をお迎えした。 モデレーターはコインポスト代表の各務貴仁が務めた。 動画を見る #CONNECTVとは 幻冬舎「あたらしい経済」と「CoinPost」が提携し、ブロックチェーン/仮想通貨(暗号資産)業界のニュース解説や初心者向けに学べるトピックスを紹介するYouTube番組「#CONNECTV」。…

Binance secures New Zealand registration, opens local office

Binance has registered with New Zealand’s Ministry of Business, Innovation and Employment (MBIE), allowing it to…

The RLWC 2021 is Coming Soon, CoinEx Cheers for Athletes as the Exclusive Cryptocurrency Trading Platform Partner

The Rugby League World Cup (RLWC) 2021 is set to kick off with a match between…