米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働 | あたらしい経済

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働

米大手銀行ステート・ストリートと英ピュアマーケッツがホールセール向けのデジタル通貨取引プラットフォーム「ピュアデジタル(Pure Digital)」に関する契約を締結したことを発表した。ピュアデジタルの利用開始は2021年半ばと予定されている。ピュアマーケッツはデジタル通貨プラットフォームのテクノロジープロバイダー。そしてステート・ストリートは約340兆円(3兆ドル)以上を運用している大手金融機関。この契約では、ステート・ストリート傘下のFX関連部門Currenexが関わる。

ピュアデジタルは、暗号資産を含めたデジタル通貨を対象に自動化された高スループットのOTC市場で、物理的な受け渡しと銀行でのカストディ機能を果たす。機関投資家の利用者は、二国間の信用を利用してピュアデジタルで取引を行い、すべての取引参加者のために効率的な資本の利用と管理を可能にする。これにより、両社は価格発見とリスク交換のための強固な市場が確立されると考えている。

Pure Digitalの創業者であるキャンベル・アダムス氏は「Pure Digitalは、デジタル通貨市場の将来について同じビジョンを共有しているステート・ストリートとともに、デジタル資産の分野を開拓できることを嬉しく思います」と述べている。

Pure Digital社のCEOであるローレン・カイリー(Lauren Kiley)氏は「FX業界のリーダーであるCurrenex社と提携し、銀行主導のコンソーシアムを通じてFXのインフラを暗号資産市場に移行させることができることにとても興奮しています」と述べている。

ステート・ストリート・グローバル・マーケッツのGlobalLinkの実行サービスのグローバル責任者であるデビッド・ニューンズ氏は「Currenexは、FXおよびデジタル資産取引市場における当社の経験と専門知識を活用して、Pure Digitalにこのエキサイティングなデジタル通貨取引イニシアチブのための強固な技術とインフラを提供できることに興奮しています」と述べている。

参考:THE BLOCK

(images:iStock/Ninja-Studio・Who_I_am)

Source: https://www.neweconomy.jp/posts/107211