ビットコインは中国の対米金融兵器になりうるか、PayPal創業者ピーター・ティール氏発言

ビットコインは中国の対米金融兵器になりうるか

PayPal創業者ピーター・ティール氏が「ビッグテックと中国、シリコンバレーから何が必要か(Big Tech and China: What Do We Need from Silicon Valley?)」というセミナーで登壇し、ビットコインは中国の対米金融兵器になりうる主旨の発言をした。

ピーター・ティールはビットコインマイニング企業のLayer1 Technologiesやブロックチェーン開発プラットフォームのAlchemy、暗号資産運用プラットフォームBlockFiなど複数の暗号資産ベンチャーに投資している。

ピーター・ティール氏は「私はプロクリプト、プロビットコイン・マキシマリストではありますが、現時点ではビットコインも中国の対米金融兵器として考えるべきポイントがあるのではないかと思っています」と伝えている。

またピーター・ティール氏は「ビットコインは機能的な基軸通貨としての役割を果たす可能性が高いので、ドルが支配的でなければないほど、中国はアメリカの金融・外交政策の影響を受けなくなります」と述べている。

さらにピーター・ティール氏は中国人民銀行が発行する予定であるデジタル人民元について「全体主義的な測定器のようなもの」と発言した。

参考:Peter Thiel: Bitcoin Could Be ‘Chinese Financial Weapon’

(images:iStocks/Smederevac・4×6・LongQuattro)

Source: https://www.neweconomy.jp/posts/106885