「17 Live」創業者のTurn Capitalが仮想通貨ウォレット企業買収、東南アジア特化の暗号資産取引所設立へ、 | あたらしい経済

「17 Live」創業者のTurn Capitalが仮想通貨ウォレット企業買収、東南アジア特化の暗号資産取引所設立へ、

ライブ配信アプリ「17 Live」の共同創業者で非常勤会長であるジョセフ・プア(Joseph Phua)氏のファミリーオフィスのターン・キャピタル(Turn Capital)が、台湾のブロックチェーン企業である「Dapp Pocket」の買収に合意したことがe27の報道によって明らかになった。

「Dapp Pocket」は同名のDeFiウォレットとイールドアグリゲーターの「Cappu」を主要プロダクトとしてサービスを展開してきた。「Cappu」はユーザーがクレジットカードを活用して法定通貨をUSDCに換えることができるサービスだ。

この買収を機に、ターン・キャピタルは「Dapp Pocket」の創業者であるアンダーソン・チェン(Anderson Chen)氏とそのチームと協力して、東南アジアに特化した暗号資産(仮想通貨)取引所「OMO」を開発していくとのことだ。OMOは2021年6月にアプリとウェブの両方で営業を開始する予定となっている。

Coinomo(OMOの親会社)のCEOであり、ターン・キャピタルのパートナーであるイービー・チャン(Evie Zhang)氏は「アンダーソンは、Dapp PocketとCappuという素晴らしいプロダクトを構築してきました。私たちは、暗号資産の小売領域への導入が急速に進んでいることから、アンダーソンが開発してきたプロダクトと彼の専門知識を活用して、東南アジアに特化した取引所の立ち上げを加速できると考えています。私たちの目標は、この地域のインターネット利用可能人口の100%に暗号資産を導入することです。アンダーソンと彼のチームと密接に仕事をすることを楽しみにしています」とコメントしている。

アンダーソン・チェン氏は「ビットコインの時価総額が先日初めて1兆ドルを超えました。世界の暗号資産の時価総額は2兆ドルを超えています。わずか十数年で産業全体が構築されました。マスアダプションするには寸前でしょう。例えば、JPモルガン、DBS銀行、Temasekが最近立ち上げたPartiorは、ブロックチェーン決済プラットフォームの実験に関する官民パートナーシップです。私たちは今後12~24ヶ月の間に何が起こるのか、その一端を見ているに過ぎないと信じています」とコメントしている。

参考:e27

(images:iStock/undefined-undefined・Lidiia-Moor)

Source: https://www.neweconomy.jp/posts/114807